かやぶき工舎とは



かやぶき屋根について

かやぶきの基礎知識

かやぶき屋根工事

困った、こんな時・・・

表紙へ戻る




かやぶき工舎とは

かやぶき工舎
〒500-8122
岐阜県岐阜市旭見ケ池町45
TEL&FAX: 058-245-9924
文化財建造物 上級木工技能者
代表/臼井節三

直通
090-7685-5001
(臼井)

直通:090-5617-5754(臼井)
茅葺の葺替工事で全国を飛び回っております。ご連絡は携帯までお願いします。





かやぶき職人 臼井節三
 
 いにしえの人たちが、その時代のかやぶきを懸命に支えて今日に伝えてくれたことに感謝をし、その伝統技法を受け継いだ「平成のかやぶき」を後世に伝えていきたいと願っています。

そこに茅(かや)があるから 茅(かや)で家屋(かや)を葺きます。

かやぶき工舎 臼井 節三


□社名 かやぶき工舎
□所在地 〒500-8122
岐阜県岐阜市旭見ケ池町45
□代表 臼井節三(文化財建造物 上級木工技能者)
□Tel&Fax 058-245-9924
□携帯 090-7685-5001(臼井節三)
090-5617-5754(臼井洋行/二代目)
茅葺きの葺替工事で全国を飛び回っております。ご連絡は携帯までお願いします。
□工事内容 主な業務は、日本の伝統技術である茅葺屋根の葺き替え工事、補修、国宝・重要文化財等の復元などを行っています。
また、囲炉裏のある家屋の建築も承ります。
□茅場 御殿場の茅場
御殿場の茅場から茅を調達してきます。
(背景は富士山)

 


茅葺屋根の資材となる葦(ヨシ)や茅を運ぶトラック。

Copyright(C)2007- Kayabuki Kosya All Rights Reserved.
かやぶき工舎 文化財建造物上級木工技能者